Vision

企業理念・店舗イズム

企業理念

「『食』を通じ、人々に活力を与えられるような事業を展開していくことを目的とする」

店舗イズム

「すべては『お客さまに感動していただけるために』感動とは、全てにおいて『期待以上、想像以上』」

eatwalkについて

企業理念にも掲げている通り「食を通じ人々に活力をあたえる」を使命とし、来店されるお客様はもちろん、お世話になっている生産者様や取引先様、または自社のスタッフに至るまでイートウォークの活動によって皆が活力を与えられる状態を目指しています。

そのためにイートウォークが大事にしているのが「畑の日」。新しい出会いがあったり、又はいつもお世話になっている農家さんの農作業のお手伝いをすることでお野菜の勉強になったり、農家さんのレシピが新メニューのアイデアになったり、 日々の業務に追われているスタッフのリフレッシュになったり。そして農家さんが 愛情いっぱいに育てたお野菜が新鮮な状態でお店に直送され、最高の状態で、最適 な調理法でお客様に提供されます。そうすることで私たちはお客様の「美味しい!」というお声を聞けたり、とびきりの笑顔を見られるのです。そしてそのお客様のお声や笑顔は、私たちが農家さんにそのままお伝えするのです。

そんなレストランを創っていき、そしてそういった全国にお店が増えて、一人でも多くの人に活力を与えられたら。これがイートウォークの想いです。

渡邉 明

1965(昭和40)年生まれ 埼玉県出身。学生時代から様々な飲食店のアルバイトを経験。多種多様なレストランの門を叩き、修行を重ね、食の現場に従事することとなる。その間、自らのステップアップのためにイタリアで長期滞在し様々な食のあり方を経験する。帰国後は、代官山の伝説のレストラン「TABLEAUX」の初代料理長などを歴任、実績を重ねる。

Akira WatanabeOfficial Blog


賢者の選択 放送映像

2003年に満を持してイートウォークを設立。2004年には原点ともいえる、「PASTA HOUSE AWkitchen」をOPEN。パスタにおいてナンバーワンと言わしめた渡邉明がつくる手打ちのパスタはもちろん、創業時からのメニュー「農園バーニャカウダ」が評判を呼び、「バーニャカウダと言えばAWkitchen」と言われるまでに。そして今の バーニャカウダブームの火付け役として渡邉が注目されることとなる。

また野菜をこよなく愛す渡邉は、創業時より全国各地の畑を巡り、これはと思う素材を探しつづけている。そしてその野菜を使い、世に広めることで生産者を応援しており、いつからか「畑の伝道師」と呼ばれるように。経営者として創業10年を迎えた今現在も、料理人としての熱意や独創性は失われるどころか年々進化を続け、 店を訪れた世界中のVIP、食通を魅了しつづけている。

【略歴】
1992年 株式会社グローバルダイニング入社、ほどなくTABLEAUXの初代料理長に就任
1997年 グローバルダイニングの総料理長に就任
2001年 株式会社グローバルダイニング退社
2001年 株式会社レインズインターナショナル100%出資子会社である式会社アートフードインターナショナルの代表取締役に就任。
アートフードインターナショナルのオーナーシェフ兼レインズグループの総料理長を務め、話題となる数々のレストランを展開する。
2003年 株式会社アートフードインターナショナル退社
2003年 有限会社(現・株式会社)イートウォーク設立

現在、オーナーシェフとして自らの店舗を多数構える傍ら、TV雑誌等メディアにも多数登場。
また培ってきた調理技術・営業ノウハウそして、潜在的な発想力を活かし、数社のフードコンサルタント・フードプロデュースを手がける。

【その他】
1999年8月 「料理の鉄人」(フジテレビ)に出演
2008年9月 「ソロモン流」(テレビ東京)に出演
2010年7月 初のレシピ本「畑からのごちそう AWkitchenのシークレットレシピ」(主婦と生活社)を出版
2012年7月 第二弾となるレシピ本「AWkitchenのパスタレシピ50」(主婦と生活社)を出版
2015年3月 「マイヤー電子レンジ圧力鍋2で作るVEGE DELIレシピ」(タツミムック)を出版